• 文字サイズ
解決済

クーポンの考え方(楽天市場)

  • 相談者:非公開
  • 2017/07/04 22:52
いままで、なんとなくクーポンを設定してました。

なんとなくとは、
1)新規購入者を導きたい為の、ひとつの手段として、クーポン設定(初回購入者)
2)リピーターをつなぎ留めたい為のサンキュークーポン
3)1と2の客単価を上げたい(売上を上げたい)為、クーポン獲得金額を現在の客単価より上昇させる

数か月、いろいろと試しましたが、効果はいまひとつです。
1)も2も、あまり利用されていない・・現状です。

アクセス人数は、2017年より少しづつ増え、現在月間約2000人 その分、客単価が減り約2500円、転換率約5%。一か月約100人が購入し、その内8%がリピータとなっています。

単純に、クーポン設定は、「客単価をあげたい!」と、「5000円以上購入で500円オフ」「3000円以上購入で300円オフ」など設定しましたが、効果はありません。実際に使用される頻度は少なかったです。

また、サンキュークーポンも、同様、おなじ設定条件(「5000円以上購入で500円オフ」「3000円以上購入で300円オフ」で試しましたが、数か月・・特に効果がありません。

店舗実績(過去3か月)
【アクセス人数は、2017年より少しづつ増え、現在月間約2000人 その分、客単価が減り約2500円、転換率約5%。一か月約100人が購入し、その内8%がリピータとなっています。】

では、お客さんが望むクーポン価格では、やはり無理があるのでしょうか?

薄利多売でも、現行の「客単価」に沿った、クーポン額で設定しなければ、効果がないのか?と・・
いまひとつ、悩んでいます。

現在は、初回購入者には、「5%オフクーポン」を設定し様子をみている状態です。

サンキュークーポンは、rms設定の中に「あたなに合ったシュミレーション」があり試してみると
添付のようにデータ抽出されました。コレは、過去のデータから予測した数値なので信用性があるのでしょうか?

何か、ご教示いただければ幸いです(^^♪
投稿内容について報告する




  • 返信者:非公開
  • 2017/07/05 00:53
ECマスターズの橋本です。

>数か月、いろいろと試しましたが、効果はいまひとつです。

>薄利多売でも、現行の「客単価」に沿った、クーポン額で設定しな………(省略)………
  • 返信者:非公開(質問者)
  • 2017/07/05 22:21
橋本さん

長文ありがとうございます。大変参考になります(^^)

クーポンは、「購入前のきっかけ、動機のひとつのツール」として、ぼくはとらえてます。 ………(省略)………
  • 返信者:非公開
  • 2017/07/06 10:03
ECマスターズの橋本です。

詳細なお返事、ありがとうございます。
また何かございましたら、ご投稿いただければと思います。………(省略)………